ちょっとしたことに注意を

間取り図

ビルを利用している際に、多額の光熱費が発生してしまうのは仕方のないことでもあります。しかし、そのまま節約しないでいると、会社自体の費用の増加につながってしまいますし、ビルを管理する側としても賃料を上げる必要が出てくるなど問題も多く出てくることになるのです。多くの費用が掛かるというだけではなく、それだけ多くのエネルギーを使うとなると環境にも大きな影響が出てくることになります。一般家庭の消費量などに比べ、大きな建物ですからそれだけ影響も大きくなってしまうのです。地球温暖化を止めようという動きもあり、省エネを考えていく必要は高まってきているといえます。ビルでは特に冷暖房などに多くのエネルギーが使われます。ここを節約していくことがポイントとなります。常に空調は動いているものなので、節約する場合その効果は高くなっていくと考えられます。暑い時に室温を下げすぎずに済むように、ブラインドやカーテンで日差しを遮るなどということも必要になるでしょう。こう言った設備を取り付けたり、開閉をしたりというちょっとしたことでも節約につながります。また、使わない部屋の電気を消すなどということも、多くの場所で行うことで節約できるようになります。便利さだけを追求していくのではなく、ちょっとした行動を利用するすべての方に取ってもらえるような啓発活動も今後は重要なこととなっていくでしょう。

できる範囲で費用を抑える

オフィスのイラスト

これからオフィスビルなどを建てるという場合には、初めから省エネを考えた設備を整えていくこともできるでしょう。その場合には初期費用は掛かりますが、その後は継続的に節約効果が続くので比較的簡単に済ませることができます。しかし、そうでない場合でも、後付けできるペアガラスやブラインド、カーテンの設置などをすることで外気や日差しを遮り、空調を聞きやすくすることができます。かけられる費用に応じて何を取り付けるかを考えていくのが良いでしょう。

ジョンソンコントロールズ

様々なニーズにお応え快適で安全・ビル省エネ効率の高いサービス

広告募集中